年長・小1からの ロボット製作×プログラミング×STEM

プログラミング教室 Crefus

子どもたちに世界への目を広げ
全力でサポートし続けます

Crefusでは普段の授業や教室での発表会からお子さまの自信を少しずつ育み、毎年多くの子どもたちがロボットコンテストの世界大会にチャレンジ!さらに世界大会への切符を手にしています。Crefusでは、これまでたくさんの子どもたちを世界に送り出してきました。夢中の先に広がる世界へ、Crefusは全力でサポートし続けます。

FLL JR.FLL

詳しく見る

VEX

詳しく見る

FIRST® LEGO® Leagueの
教育的理念

  • FLL JR.
  • FLL

FIRST® LEGO® League(FLL)はロボット競技・プロジェクト学習・プレゼンテーション競技を通じて、ハンズオンによる「体験的な取り組み」を重視した教育プログラムです。子どもたちに不足しがちな「ひとつの課題について、主体的に深く考え取り組み、解決していく」経験の場・機会を提供し、子どもたちの思考力・科学への関心と理解、表現力・チームワークといった力を鍛えられる場と考えています。

次世代を担う子どもたちの「目の前の現象や周囲との関係を考える”想像力”、発見した課題の解決手段を創り出す“創造力”を大きく刺激し、引き出すことを目指しています。

はFIRST® LEGO® Leagueの
最上級認定校です

FIRST® LEGO® League(FLL)

FLLは9〜16歳までを対象とした世界最大規模の国際的なロボット大会です。1998年に米国のNPO法人「FIRST」と「レゴ社」によって設立され、日本では2004年から開催されています。毎年世界大会が世界数カ所で行われ、各国の代表チームが参加しています。

子どもたちが科学技術に親しみながらチームで取り組むFLLの活動はプログラミング教育、アクティブ・ラーニングを実践する21世紀型スキルを身につけるのに適した教育プログラムであると考えられています。

Crefusでは初年度から参加し、毎年世界大会に代表チームを送り出しています。

  • 対象年齢

    9〜16

  • 参加チーム

    40,000

  • 参加国

    98

→ 大会の流れを横にスクロール

※ 日本大会出場チームの中から
世界大会に出場するチームが選出されます

FLL大会概要

FLLでは毎年発表されるテーマについて「人工知能のプログラミングの作成」「競技用ロボットの組立・制作」「研究発表のための情報収集とプレゼンテーション」3つの研究活動を行い競い合います。テーマは全世界が直面する科学的な社会問題が中心で、毎年8月に発表されます。 チームは2~10名で構成し、競技分担し活動します。

  • 人工知能のプログラミング作成

    テーマに基づいたミッションが設置されたフィールドを自律型ロボットを製作し攻略します。プログラミングで課題が克服できるかを何度も実験・検証し、試行錯誤を繰り返します。

  • 競技用ロボットの組立・制作

    プログラミングしたロボットがイメージ通り動くには、製作したロボットも重要。デザイン・機能は戦略によって変わります。各チーム改善・改良を繰り返し、高性能なロボットに仕上げていきます。

  • 情報収集とプレゼンテーション

    テーマに基づいた発表が求められます。情報収集には資料を探したり専門機関へのヒアリングなど、様々な方法があります。プレゼンテーションするには資料を整え、充分な練習と効果的な手法を考えなければなりません。

FIRST® LEGO® League Jr.
(FLL Jr.)

FLL Jr.は6〜10歳(日本では小学1年〜3年)までの子どもたちに楽しくSTEM教育、Science(科学)・Technology(技術)・Engineering(工学)・Mathematics(数学)を学んでいただくための大会です。

2〜6人でチームを組み、FFL Jr.のコアバリューを学びます。FLL Jr.には勝敗はありません。参加した全てのチームへ活動に対する賞が贈られます。

  • 対象年齢

    6〜10

  • 参加チーム

    28,000

  • 参加国

    50

→ 大会の流れを横にスクロール

※ 日本大会出場チームの中から
世界大会に出場するチームが選出されます

FLL Jr.大会概要

FLL Jr.では毎年発表されるテーマについて「動くレゴモデル」「ポスター」を使って、調べたことや新しく発見したことを発表します。新しくて興味深いテーマが選ばれ、毎年8月に発表されます。チームは2〜6名で構成し、チーム一丸となり楽しみ、お互いのアイデアを尊重し話し合いながらチームワークを育てていきます。

FLL Jr.の理念

  • チームであることの意味を理解する
  • 答えを見つけるのは自分たち
  • 経験や発見を他の人に紹介する
  • お互いに尊敬し合い、助け合う
  • We have fun!

FLL Jr.の競技内容

  • テーマの研究学習をする
  • ポスターを制作して発表する
  • プレゼンテーションを学ぶ
  • プログラミングで動くレゴのモデルを作る
  • チームワークを大切にする

課題を通して
STEMスキル向上を図る

  • VEX

VEXは次世代を担う子どもたちのロボット工学への興味・関心を深め、STEM教育の技術・理解を向上させると同時に、大会を通じてチームワークを育み、リーダーシップやコミュニケーション力、プロジェクト遂行力や課題解決力を向上させる場として世界50ヶ国のチームが参加する世界最大規模の大会です。2018年から日本でもVEX IQチャレンジが開催され、VEX IQで日本の小学生も世界大会を目指せるようになりました。

Crefusでは2018年大会で日本初となるVEX IQチャレンジの世界大会出場チームを2チーム送り出しています。 これからもCrefusでは、VEX IQチャレンジに向けた講座などを実施し、VEX IQをきっかけに世界へ羽ばたく子供たちを応援し続けていきます。

また、Crefusでは日本でいち早く教材として採用し、国内ではインターナショナルスクールでも広く使われ、Crefusの生徒とインターナショナルスクールの生徒との交流を図り、グローバル人材育成にも力を入れています。

大会形式

→ 大会の流れを横にスクロール

大会カテゴリー・競技内容

  • VEX IQ

    小学生・中学生

  • VEX

    中学生・高校生

  • VEX U

    大学生

競技は大きく分けて2つあります。トーナメントマネージャーによってランダムにアライアンス(協力し合うチーム)が選ばれ、アライアンス同士で競い合うチーム競技。操作技術・プログラミング制御の実力を競い合うスキル競技です。これらの総合得点で勝敗が決まります。毎年4月末に行われる世界大会終了後に次回競技テーマが発表され、5月から新しいコンペティション・イヤーが始まります。

世界で100万人以上の生徒や学生がVEXを使用し、ワークショップや練習大会、本戦を含むイベントを、世界中で年間2,500回以上開催しています。世界大会は、一堂に会する参加者数がギネス記録になっています。

MENU